会社設立のコツ!タイでの場合

 

・会社設立をタイでする場合
ここでは、会社設立をタイで行う人向けの情報を紹介したいと思います。
日本と比べてタイでの法人設立には、どのような手続きを行う必要があるのでしょう?
詳しく解説してみました。

 

・タイで法人を設立するメリット
タイで法人企業を設立するメリットは、日本だけではなく海外の需要も取り込めるという点にあります。
日本だけの場合だと需要は限られてしまいますが、海外に行くと、上手くいけばたくさんのお客さんを獲得することができます。
また、タイは日本と比べて物価が安いので、タイの法人で取引した品物を日本に輸入し販売することで、儲けることもできます。

・タイでの登記手続きについて
日本での会社設立手続きとは違って、タイでの登記手続きは、現地法人という会社形態で起業をするのが一般的です。
現地法人は、タイ国内でのライセンスの取得が容易で、必要最低限の条件を満たすだけで、法人を設立することができます。
この場合、取締役は最低1名以上必要で、設立までにかかる期間は2ヶ月程度が目安となっています。
日本よりも会社設立に時間が掛かりますが、会社名を自由に選択できるのは日本と同じです。

 

・タイで会社設立をするための準備
他にもタイで会社設立するためには発起人を3名用意し、そのうちタイ現地人を一人含む必要があります。
他にも、タイの公認会計士を監査人として、設置する必要があります。
これは、日本で企業する場合は、小規模の会社であれば、監査人の設置が不要ですのでこの辺りが手続き上日本よりも面倒な点の一つです。
これらの人材を用意することができたら、基本定款を登記して会社設立総会というものを開きます。

 

・日本での会社設立手続きとどっちが簡単?
タイの現地法人を設立する方が、日本で株式会社を設立するより、少し手間がかかるという感じです。
ビザの取得なども必要で、日本国内で会社を創るよりも、時間がかかると見ておいた方がいいでしょう。
日本国内で会社を設立するのは、法務局に届出をして数日後に完了となりますので、書類さえ準備ができていれば、それらを法務局に提出して、認可が下り次第すぐに会社を始めることができます。
タイでの法人設立には、だいたい一か月以上かかるのを目安とし、日本国内では一か月以内に会社を立ち上げることができると、考えておくと良いでしょう。

 

・タイでの起業は手続きをプロに任せる
タイで現地法人を作る時には、全ての手続きを自分でやるのが困難です。
こういった、海外現地法人の設立手続きを代理でやってくれる業者がありますので、そういうサービスを上手に活用して、タイで会社設立にチャレンジしてみてください。

 

 

会社設立後の売上がゼロの状況

 

会社設立後、売上が思っているほど伸びず、ずっとゼロの状態が続くこともあります。
そういう状況は多々あるため、正直なところそこでドタバタしても仕方ありません。
ただ、売上がずっとゼロだった場合、会社や企業の存続自体が難しくなってくることも多々あります。
そこはちゃんとした計画を立てて、事業を行っていくことが必要となるでしょう。
実際に売上に関しては、ゼロということも正直あります。
会社設立後というのは、いわゆる絶海の孤島で商売を始めた状況に近く、まずは多くの方に認識すらされていない状態であることが多いです。
そのため、孤島から抜け出して、まずは知ってもらうところから始めることが必要です。
だからこそ広告は重要となりますし、売り込みも必要となってきます。
そうやって努力した結果、売上というものに積み重なってくるわけです。
ただ、どうしてもニーズが減っていて、これ以上売上が伸びないということもあります。
そういう時には、スムーズに事業の転換を行っていくことが必要です。

ただ、なかなかそう簡単に事業を転換することはできず、特に会社設立後はすぐに変更するということも難しいでしょう。
そもそも、自信があったからこそ会社設立を行ったわけですからね。
そういう状況で売上ゼロの状態が続くと、さすがに支払うものも支払うことができず、経営や運営はどんどん火の車となっていきます。
しかし、国も鬼ではないため、事業がなかなか軌道に乗らず売上がゼロの場合は、当然ですが税金もかかりません。
これは救済措置というより、そもそも売上がないのだから、支払うべき税金も必要ないということになります。
ただ、保険などの支払いは必要となってくるため、徐々に赤字になるということもあります。
それを受け、国では会社設立後に売上が伸びない場合、赤字計上が可能です。
当然、赤字ということで必要となる税金なども免除されます。
この手の税金に関しては、税理士に相談するとより安心して対処してもらえます。

もちろん、支払うものがないから良いということではありません。
その機会を活かして、どのように事業を軌道に乗せていくかを考える必要があります。
特に現代社会は時代の流れがとても早く、ビジネスモデルも10年以上継続することができない時代と言われています。
そこを理解して、対処していくことが必要となるでしょう。
その他、経営コンサルタントなどに相談するのもありです。

会社設立の際の入金証明とは?

 

会社設立の手続きの時には、資本金の入金証明が必要になります。
この証明書のことを資本金払込証明書と言います。

今回は、この資本金払込証明書の作成方法について解説したいと思います。
資本金払込証明書は、基本的には払い込んだ発起人が作成することになります。

書類はインターネットでダウンロードするか銀行でもらうかして、そちらに必要事項を記入して各書類を揃えて提出します。
必要になるのは、入金を証明するための通帳のコピーです。

通帳のコピーは表紙、見開き、入金が確認できるページの3部を揃えておきます。
これらを書類と証明書を一緒にホチキスで止めて、各ページに割印を押して行きます。

こちらは法務局に提出することになるのですが、他にも登記申請書や印鑑証明書、印鑑届出書、発起人決定書、定款謄本などの書類を提出しなければなりません。
書類の提出が終われば、あとは法務局の申請受理を待つばかりです。

登記完了までにどの程度時間がかかるのかと言うと、それは法務局によって日数がバラバラです。
また時期によっても取り扱う届出数が違いますので、法務局が忙しい時期は、少し手続きに時間がかかるかもしれません。
ですが、受付窓口に登記完了予定日が提示されていますので、そちらを確認して目安にすると良いでしょう。
ちなみに法務局のホームページからでも、登記完了予定日を確認することができます。

このように、日本での会社の登記手続きは比較的シンプルに終わるようになっています。
経営者にとって大変なのはむしろこれからで、運転資金を十分に用意できていない場合は今後も出資者を探すのに走り回ったり、取引先を開拓するために営業を行ったりと、たくさんやることがあります。

ただ、登記手続きが終わった後も、税務署や役所、日本年金機構、労働基準局、ハローワークなどの機関に届出ないといけない書類が山ほどあります。
本業をこなしながらこれらの書類を全て作成して揃えていくのは、かなりのハードワークになりますので、こういう時は書類を作成してくれる代理業者を雇った方がいいでしょう。

そういった業者では節税のアドバイスもしてくれますので、自分一人で手続きを行うよりもはるかに安心できます。
大体、初めての人が一人で会社設立の手続きをやった場合にかかる時間は、80時間と言われています。
これだと本業に確実に支障が出てしまいますので、こういった会社設立の手続きに関する専門家を雇って、できるだけ本業以外に、自分の手を使わないよう工夫をすることが肝心でしょう。

 

 

会社設立の基礎知識!「クラウド」について学ぼう

 

会社設立後には、会計などの様々なデータを、きちんとまとめていく必要があります。
特に確定申告で必要な決算書類等の整理も大変重要な仕事になってきます。
会社設立をこれから考えている人は、クラウドを活用することを検討してみるといいかもしれません。

クラウドとは、外部のオンラインサーバー上にデータを保管できるサービスのことです。
クラウド上に保管したデータは、パスワードを共有することで、社員がデータを共有することができます。
社内データをやり取りする時に、サーバー上のクラウドを利用することが多いです。

クラウドを利用すれば会社のパソコンが、何らかの要因でデータを消失してしまっても、会社のサーバーとは別にデータが保管されていることになりますので、そこからデータを復旧することができます。
外部サーバーにデータを預けるためセキュリティ上の心配もありますが、現在ではこのクラウドは、かなり便利なシステムとして利用されています。

データクラウドの他には、クラウドファンディングやクラウドソーシング(アウトソーシング)など、外部からお金や人材を引っ張ってくる仲介サービスが注目を集めています。
どちらも会社設立をする人にとっては、覚えておいた方がいいサービスです。
例えばクラウドファンディングは、会社の事業資金を集めるのに便利なサービスで、銀行を介さずに出資金を集めることができます。

クラウドソーシングの方は、プロフェッショナルを採用するのではなく、外部委託をすることで、人件費コストを下げられる便利なサービスです。
自社で人材を雇った場合は、社会保障費などを会社で負担しなくてはならないため、よく考えて採用をしないと人件費が売上を圧迫してしまいます。
クラウドソーシングを利用して、業務の一部を外部委託すれば、そういったコストを大幅に削減することが可能です。

一般的なデータクラウドとは少々意味合いが違いますが、クラウドを外部と考えると「外部」というキーワードが共通しています。
特にクラウドソーシングは、社員が自分のみの一人株式会社から始める人にとっては非常に便利なものです。
本業は自分がこなして会計などの事務は全て外部委託すれば、経理や税務などの業務を大幅に減らして本業に専念することができます。

今後は、こういった事業形態で事業を始める人も多くなってくることが予想されます。
何かしらの事業を始める際には、色々なクラウドを利用してみるといいでしょう。

 

福岡で会社設立する際には設立後のサポートまで考えるべき

福岡で会社設立する際には、設立後にやらなくてはいけないことについても考えるべきです。
福岡で会社を設立し登記まで終了するとひと段落しますが、それで終わりということではありません。
会社の設立後には早々にやらなくてはならないことがいくつかあって、さらに今後会社を運営していくために毎月の会計税務手続などについても欠かせません。
その為、会社設立までのサポートもあると嬉しいことですが、会社の設立後のサポートまで任せられるとさらに便利で助かります。
“福岡で会社設立する際には設立後のサポートまで考えるべき” の続きを読む

社会保険に加入することは義務

福岡で会社設立を考えているのなら、社会保険に加入することが健康保険法第3条・厚生年金保険法第9条などの法律で義務づけられていることを知っておく必要があります。
これは、役員や従業員の人数に関係なく社長一人であっても、一定以上の報酬があるのなら加入しなければならないのです。
万が一未加入が発覚した場合には、最悪過去2年さかのぼって保険料を徴収される可能性もあるので注意が必要です。
“社会保険に加入することは義務” の続きを読む

会社設立する際に準備しておく印鑑は?

福岡で会社設立する際に必要となる印鑑は、会社登記に使用する代表者印だけで良いのです。
しかし会社設立後の運営を考えると、代表者印だけで全ての書類などに押印することは現実的ではありません。
基本的に会社設立時に準備する印鑑は、代表者印(会社実印)・銀行印・社印(角印)・ゴム印の4種類があります。
“会社設立する際に準備しておく印鑑は?” の続きを読む

金融機関からの融資を考えているのなら

福岡で会社設立する際に考えておくことは様々ありますが、そのひとつとして会社設立後の資金調達をどうするのかがあります。
会社設立を失敗にしないためにもお金の問題はしっかり計画を立てることが大切です。
その手段として金融機関からの融資を考えた場合に、どこから借入をしたら良いのかをイメージしておくことも大切です。
ただ、貸付を実施している金融機関は、メガバンク・地方銀行・信用金庫・信用組合とたくさんありますが、創業時にこれらの金融機関から資金を借り入れることは難しいのが現実です。
確かに新規開業者向けの融資プランは民間金融機関にもありますが、リスクのある開業法人には融資されるハードルは高いのが現状なのです。
“金融機関からの融資を考えているのなら” の続きを読む

オフィスをどうするのか?

福岡で会社設立する時に、オフィスをどうするのかは事前に考えておく必要があります。
賃貸でオフィスを構えるのもひとつの方法ですが、初期費用を安く抑えたいと考えるのならバーチャルオフィスという方法も検討してみると良いです。
ただ、バーチャルオフィスにはメリットとデメリットがあるので、安いからと安易に選択するのではなく、いろいろと検討してみる必要があります。
“オフィスをどうするのか?” の続きを読む

会社設立する際に必要となる登記申請

福岡で会社設立するには、法務局に登記申請の手続きをする必要があります。
人が生まれると役所に出生届を提出して戸籍が与えられるのと同様に、法務局に申請し受理され登記が完了すると会社が誕生するのです。
ちなみに登記が完了したら、税務署・地方自治体・年金事務所など様々なところに届け出が必要で、許認可が必要な事業を展開する会社なら所轄の機関や団体に申請や届出する必要もあります。
このように、登記というのは会社になるための手続きで、その他の届出は会社として認められるための手続きと考えることも可能です。
“会社設立する際に必要となる登記申請” の続きを読む