会社設立のコツ!タイでの場合

 

・会社設立をタイでする場合
ここでは、会社設立をタイで行う人向けの情報を紹介したいと思います。
日本と比べてタイでの法人設立には、どのような手続きを行う必要があるのでしょう?
詳しく解説してみました。

 

・タイで法人を設立するメリット
タイで法人企業を設立するメリットは、日本だけではなく海外の需要も取り込めるという点にあります。
日本だけの場合だと需要は限られてしまいますが、海外に行くと、上手くいけばたくさんのお客さんを獲得することができます。
また、タイは日本と比べて物価が安いので、タイの法人で取引した品物を日本に輸入し販売することで、儲けることもできます。

・タイでの登記手続きについて
日本での会社設立手続きとは違って、タイでの登記手続きは、現地法人という会社形態で起業をするのが一般的です。
現地法人は、タイ国内でのライセンスの取得が容易で、必要最低限の条件を満たすだけで、法人を設立することができます。
この場合、取締役は最低1名以上必要で、設立までにかかる期間は2ヶ月程度が目安となっています。
日本よりも会社設立に時間が掛かりますが、会社名を自由に選択できるのは日本と同じです。

 

・タイで会社設立をするための準備
他にもタイで会社設立するためには発起人を3名用意し、そのうちタイ現地人を一人含む必要があります。
他にも、タイの公認会計士を監査人として、設置する必要があります。
これは、日本で企業する場合は、小規模の会社であれば、監査人の設置が不要ですのでこの辺りが手続き上日本よりも面倒な点の一つです。
これらの人材を用意することができたら、基本定款を登記して会社設立総会というものを開きます。

 

・日本での会社設立手続きとどっちが簡単?
タイの現地法人を設立する方が、日本で株式会社を設立するより、少し手間がかかるという感じです。
ビザの取得なども必要で、日本国内で会社を創るよりも、時間がかかると見ておいた方がいいでしょう。
日本国内で会社を設立するのは、法務局に届出をして数日後に完了となりますので、書類さえ準備ができていれば、それらを法務局に提出して、認可が下り次第すぐに会社を始めることができます。
タイでの法人設立には、だいたい一か月以上かかるのを目安とし、日本国内では一か月以内に会社を立ち上げることができると、考えておくと良いでしょう。

 

・タイでの起業は手続きをプロに任せる
タイで現地法人を作る時には、全ての手続きを自分でやるのが困難です。
こういった、海外現地法人の設立手続きを代理でやってくれる業者がありますので、そういうサービスを上手に活用して、タイで会社設立にチャレンジしてみてください。