福岡で会社設立する際には設立後のサポートまで考えるべき

福岡で会社設立する際には、設立後にやらなくてはいけないことについても考えるべきです。
福岡で会社を設立し登記まで終了するとひと段落しますが、それで終わりということではありません。
会社の設立後には早々にやらなくてはならないことがいくつかあって、さらに今後会社を運営していくために毎月の会計税務手続などについても欠かせません。
その為、会社設立までのサポートもあると嬉しいことですが、会社の設立後のサポートまで任せられるとさらに便利で助かります。
“福岡で会社設立する際には設立後のサポートまで考えるべき” の続きを読む

社会保険に加入することは義務

福岡で会社設立を考えているのなら、社会保険に加入することが健康保険法第3条・厚生年金保険法第9条などの法律で義務づけられていることを知っておく必要があります。
これは、役員や従業員の人数に関係なく社長一人であっても、一定以上の報酬があるのなら加入しなければならないのです。
万が一未加入が発覚した場合には、最悪過去2年さかのぼって保険料を徴収される可能性もあるので注意が必要です。
“社会保険に加入することは義務” の続きを読む

会社設立する際に準備しておく印鑑は?

福岡で会社設立する際に必要となる印鑑は、会社登記に使用する代表者印だけで良いのです。
しかし会社設立後の運営を考えると、代表者印だけで全ての書類などに押印することは現実的ではありません。
基本的に会社設立時に準備する印鑑は、代表者印(会社実印)・銀行印・社印(角印)・ゴム印の4種類があります。
“会社設立する際に準備しておく印鑑は?” の続きを読む

金融機関からの融資を考えているのなら

福岡で会社設立する際に考えておくことは様々ありますが、そのひとつとして会社設立後の資金調達をどうするのかがあります。
会社設立を失敗にしないためにもお金の問題はしっかり計画を立てることが大切です。
その手段として金融機関からの融資を考えた場合に、どこから借入をしたら良いのかをイメージしておくことも大切です。
ただ、貸付を実施している金融機関は、メガバンク・地方銀行・信用金庫・信用組合とたくさんありますが、創業時にこれらの金融機関から資金を借り入れることは難しいのが現実です。
確かに新規開業者向けの融資プランは民間金融機関にもありますが、リスクのある開業法人には融資されるハードルは高いのが現状なのです。
“金融機関からの融資を考えているのなら” の続きを読む

オフィスをどうするのか?

福岡で会社設立する時に、オフィスをどうするのかは事前に考えておく必要があります。
賃貸でオフィスを構えるのもひとつの方法ですが、初期費用を安く抑えたいと考えるのならバーチャルオフィスという方法も検討してみると良いです。
ただ、バーチャルオフィスにはメリットとデメリットがあるので、安いからと安易に選択するのではなく、いろいろと検討してみる必要があります。
“オフィスをどうするのか?” の続きを読む

会社設立する際に必要となる登記申請

福岡で会社設立するには、法務局に登記申請の手続きをする必要があります。
人が生まれると役所に出生届を提出して戸籍が与えられるのと同様に、法務局に申請し受理され登記が完了すると会社が誕生するのです。
ちなみに登記が完了したら、税務署・地方自治体・年金事務所など様々なところに届け出が必要で、許認可が必要な事業を展開する会社なら所轄の機関や団体に申請や届出する必要もあります。
このように、登記というのは会社になるための手続きで、その他の届出は会社として認められるための手続きと考えることも可能です。
“会社設立する際に必要となる登記申請” の続きを読む

会社設立する際に必要となる印紙代や手数料は?

福岡で会社設立する際には、設立費用として実質どの程度用意しておけば良いのかを考えることも大事です。
基本的に会社設立する際に必ず発生する費用としては、定款認証代・印紙代・登録免許税・登記簿謄本代・印鑑証明書代などです。
ただ、会社設立として一般的に多い株式会社と合同会社では、最低限必要となる費用に関して違いがあるので、その点も含めて費用について考えておく必要があります。
“会社設立する際に必要となる印紙代や手数料は?” の続きを読む

法人をどうするか比較

会社を設立するといっても会社には、株式会社・合同会社・合名会社・合資会社といった4種類があります。
その為、福岡で会社設立する際には、どれを選択すべきかを考える必要があります。
そこで、それぞれの法人を比較することになりますが、合名会社と合資会社は大きな責任を負うことになるので、一般的に設立されることは稀です。
ですから、福岡で会社設立する際の法人をどうするのかを比較するとなれば、実質的には株式会社と合同会社の比較になると考えられます。
“法人をどうするか比較” の続きを読む