福岡で会社設立する際には設立後のサポートまで考えるべき

福岡で会社設立する際には、設立後にやらなくてはいけないことについても考えるべきです。
福岡で会社を設立し登記まで終了するとひと段落しますが、それで終わりということではありません。
会社の設立後には早々にやらなくてはならないことがいくつかあって、さらに今後会社を運営していくために毎月の会計税務手続などについても欠かせません。
その為、会社設立までのサポートもあると嬉しいことですが、会社の設立後のサポートまで任せられるとさらに便利で助かります。

ちなみに会社設立後に行う手続きとしては、税務署へ設立の日から2か月以内に法人設立届出書の提出、開設の日から1か月以内に給与支払事務所等の開設届出書の提出が必要です。
また、設立の日から3か月を経過した日と設立事業年度終了の日でいずれか早い日の前日までに青色申告の承認申請書の提出が、同じく税務署へ必要です。
それから承認を受けようとする月の前月末日までに、源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書兼納期の特例適用者に係る納期限の特例に関する届出書の提出も必要になるのです。

その他に必要に応じて、棚卸資産の評価方法の届出書・有価証券の評価方法の届出書・都道府県税事務所への届出・市区町村への届出があります。
また、社会保険の届出や労働保険の届出などもしなくてはならないのです。

それから会社を運営していく以上は、やらなくてはならない手続として、毎月の会計処理・年度末の決算・税申告、最初の決算が終わった際の役員変更登記があります。
従業員を雇う場合の給与計算・社会保険・雇用保険の手続などもあって、設立後もいろいろと大変な思いをしてしまいます。

このような数々手間のかかる手続きについても、会社設立後に経営者がやるべきこととなっているので、これらのことが大きな悩みになる可能性があります。
会社設立後に円満な会社運営をしていくためにも、会社設立後のサポートまでしてくれる業者に代行を依頼するのが一番です。
福岡にも会社設立をサポートしてくれる業者も数多くありますし、融資や創業補助金のアドバイスまでサポートしてくれるところもあるので依頼すると良いです。