会社設立する際に準備しておく印鑑は?

福岡で会社設立する際に必要となる印鑑は、会社登記に使用する代表者印だけで良いのです。
しかし会社設立後の運営を考えると、代表者印だけで全ての書類などに押印することは現実的ではありません。
基本的に会社設立時に準備する印鑑は、代表者印(会社実印)・銀行印・社印(角印)・ゴム印の4種類があります。

代表者印(会社実印)は、登記申請書に押印する印鑑で会社の実印ともいわれる重要な印鑑です。
特に形態については規則はないのですが、1辺の長さが1cm以上で3cm以内の正方形に収まるものと登記上の制限があるため、一般的には直径18mmの丸印が使用されます。
仮に代表者が交替した場合でも基本的には印鑑を替える必要はないのですが、代表者によっては替えるケースもあります。

社印(角印)は、請求書や発注書の発行など日常業務の中で最も多く使用される印鑑で、会社の認印と認識しておくと良いです。
正式な会社名が彫られた四角い印鑑で作成することから、角印と呼ばれることが多いです。

銀行印は、その名が示す通りの通り会社の銀行口座を開設する際に使用される印鑑で、その後の銀行取引の際に使われます。
代表者印のようなサイズの制限はないのですが、代表者印と区別する目的や使用頻度を考慮して、押印しやすいように代表者印より一回り小さいものを作成するのが一般的です。

ゴム印は、会社名・本店所在地・代表者名・電話番号やFAX番号が彫られているものです。
様々な書類の署名欄などに自筆サインの代わりに使用されることが多いですし、場合によっては封筒の差出人欄に使用することもあって様々な場面に使用できます。
ひとつにまとめられたタイプとそれぞれが分離しているタイプがあって、分離しているといろいろと組み替えて使用できるので便利です。
また、横書きと縦書きの両方を準備しておくと、必要な書面の形状を問う必要がなく使用することができます。

福岡で会社設立する際には、これら4種類の印鑑の準備が必要になると理解しておくと良いです。