金融機関からの融資を考えているのなら

福岡で会社設立する際に考えておくことは様々ありますが、そのひとつとして会社設立後の資金調達をどうするのかがあります。
会社設立を失敗にしないためにもお金の問題はしっかり計画を立てることが大切です。
その手段として金融機関からの融資を考えた場合に、どこから借入をしたら良いのかをイメージしておくことも大切です。
ただ、貸付を実施している金融機関は、メガバンク・地方銀行・信用金庫・信用組合とたくさんありますが、創業時にこれらの金融機関から資金を借り入れることは難しいのが現実です。
確かに新規開業者向けの融資プランは民間金融機関にもありますが、リスクのある開業法人には融資されるハードルは高いのが現状なのです。

そこで会社設立後の資金調達の狙い目となるのが、日本政策金融公庫の新創業融資や、各都道府県・市町村が取り扱う創業融資制度です。
これらは担保や保証人の確保が難しい人でも利用が可能で、多少高い金利が設定されますが、民間金融機関からの借入よりは金利は低くなっています。
福岡にもこのような融資制度があって、福岡の中小企業向け融資は各自治体・民間の指定金融機関・福岡県信用保証協会の3者が連携して実施しています。

この制度は金融機関や地方自治体の窓口に融資の相談をすると、福岡県信用保証協会が保証人になってくれて、保証が得られたら金融機関に融資の申請ができるものです。
そして金融機関で融資申請が可決されると契約を結び、無事に融資実行されるのです。
ただ信用保証協会では、どの企業でも即保証すると言うことはなくて、しっかりと会社の財政状況や経営者の人間性、融資額の使い道などを厳しく審査します。
また金融機関においても福岡県信用保証協会が保証人になってくれるという点だけでなく、融資実行が適切かをしっかりと判断します。

福岡で会社設立する際には、このような融資制度があることも知っておくと役立ちます。
それから自治体によっては、利子補給という支援を実施しているところもあるなど、起業支援を含むいろいろな融資制度があります。
どのような制度があって、どのような対象条件が設定されているのかを事前に調べておくと良いです。