オフィスをどうするのか?

福岡で会社設立する時に、オフィスをどうするのかは事前に考えておく必要があります。
賃貸でオフィスを構えるのもひとつの方法ですが、初期費用を安く抑えたいと考えるのならバーチャルオフィスという方法も検討してみると良いです。
ただ、バーチャルオフィスにはメリットとデメリットがあるので、安いからと安易に選択するのではなく、いろいろと検討してみる必要があります。

ちなみにバーチャルオフィスとは、会社設立で最低限必要となる住所・電話番号・FAX番号などをレンタルできるサービスです。
一般的なオフィスと違って仕事をするスペースはなくて、バーチャルオフィス側に届くと自動で設定した住所や電話番号に転送される仕組みです。

バーチャルオフィスのメリットは、何といっても一般的なオフィスを利用するのと比較して遥かに費用が安いという点です。
保証金や敷金も必要ないですし、基本的に数千円から数万円程度の費用で借りることが可能です。
もうひとつのメリットは、都心の一等地に会社住所を置く事ができるという点で、ビジネス内容によっては会社の住所が取引先に対する信用度に変わることも少なくありません。
自分ひとりで行う小さなビジネスなら、自宅住所の代わりにバーチャルオフィスで会社登記をするのもひとつの選択肢となるのです。
ちなみに、そうした登記をしても実際の仕事場となる自宅の家賃などは経費にすることも可能です。

一方バーチャルオフィスのデメリットは、法人銀行口座の開設が困難という点で、そのため取引ができない企業も少なくないのです。
また、社会保険や雇用保険の申請が困難になることもありますし、許認可を取得できない可能性もあるのです。
もし許認可が必要な事業を展開する予定なら、事前に確認しておく必要があります。
それからバーチャルオフィスということで、事業としての実態がないと考えられ創業融資が通らなくなる可能性もあります。

このようなメリット・デメリットを理解した上で、福岡で会社設立する時にバーチャルオフィスを含めて、オフィスをどうするのかを考えると良いです。
ちなみに福岡にもバーチャルオフィスが複数あります。